プロフィール

えっこ

Author:えっこ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃってピニャータと祇園祭

最近空気清浄機の上に乗るようになってしまいました。
それだけならいいのですが、風が出てくる上部が網目になっていてそれをバッチンバッチンと齧ります。
多分そのまま放置したら壊す勢いな噛み方・・・
IMG_3485_convert_20140725160310.jpg
放鳥中はぬいぐるみで乗れないように邪魔しました。
「チェッ!こいつ邪魔ー。」って感じで不服そう。


鳥用おもちゃの「パロットピニャータ」が大好きな宝助です。
これね→http://item.rakuten.co.jp/cap/10001523/
ガッシガッシと豪快に破壊できるのが楽しいらしく夢中で遊んでくれますが・・・
破壊しやすい=すぐに破壊終了
1000円以上もするものがわずか数時間しか持ちません。
100均でとうもろこしの素材のカゴを見つけてちょうどおもちゃに良さそうなので時々買っています。
取っ手が着色のレザーなのでそれは外して本体だけ。
IMG_3609_convert_20140725160350.jpg
しょっちゅうあげても雑にしか遊ばず、なのでたまにです。

数時間後・・・
IMG_3613_convert_20140725160423.jpg
いい感じに破壊しています。
ケージの床がゴミですごいことになりますが喜んで遊んでくれるならよきかな


前回の記事に書いた宝助のご飯カップの件ですが。
右が今まで使っていたリキシーカップです。
詳細はこちら→http://featherfriends.ocnk.net/product/106
IMG_3614_convert_20140725160449.jpg
高さがあって底の方が狭くなっています。

マルカンロックフィーダーと比べると直径はこれくらい違います。
IMG_3616_convert_20140725160515.jpg
リキシーカップは丈夫で10年以上、多分13年は使ったかと思います。
写真を見て頂いてわかるかと思いますが、さすがにこれだけ長期間使用すると底部分がひび割れてきて汚れが取れなくなってしまいました。
ちょうどいいタイミングだったのでマルカンに替えたのですが、リキシーカップより使い勝手が良いように思います。
お使いのケージのサイズやその子の食べ方にもよるかとも思いますが宝助は食べやすいようです。



今年の京都の祇園祭は前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分けて行われました。
我が家にとって祇園祭は外せない行事なので2週続けて両方に行って来ました。
IMG_3506_convert_20140725160643.jpg
四条通りは広いですが、路地に入ると道いっぱいに山や鉾が建っています。

鉾建ての日に行ったので人出もまだそれほどでもなく。
IMG_3542_convert_20140725160617.jpg
釘を使わずたくさんの縄を使って建てています。
それほどの人出ではなく、とは言え人気の月鉾の曳き初めはそりゃもうすごい人でかろうじて参加できました。
そして長刀鉾の曳き初めではあまりの人の多さと混雑ぶりに近寄ることができず・・・
恐るべし長刀鉾。


前祭の翌週の後祭では後祭復活記念で10基ある各山鉾の御朱印を集めるイベントがあったので記念に参加してみました。

がー・・・
私は今年で6回目の祇園祭ですが・・・
京都の夏の暑さをわかっているつもりでしたが・・・
炎天下での御朱印集めの長蛇の列は半端なく大変でした
IMG_3617_convert_20140725160715.jpg
汗と涙、と言うより汗と汗と汗の結晶の御朱印です
途中、休憩や買い物も入れつつですが、なんと4時間もかかってしまいました。


記念の手拭、頂きました。
IMG_3619_convert_20140725160735.jpg
150年ぶりの復活の大船鉾は真っ先に見に行きました。
午前中だったのですぐ横まで行けましたが、夕方提灯に灯りがともってからもう一度見に行くとすごい人でごったがえしていて近寄ることさえできず。
今年の祇園祭はかなり暑さとの戦いとなりましたが(途中ちょっとマジでヤバかった・・・)、毎年夏なんだなぁと実感できるお出かけになります。
山鉾巡行は部屋でテレビ中継を見たのですが、大船鉾がトリを務めるのを見て感慨深いと言うか。
150年ぶりと言うことで今見ている人の誰もが見たことのない大船鉾のある山鉾巡行なんですよね。
さぞかし地元の方々、復活に携わって来られた方々の想いは如何ばかりかと思いました。
スポンサーサイト
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。